head image

神長 ももか

staff
こんにちは。サイト管理人の神長 ももかです。英会話についてサイト を運営しています。 連絡先:admin@goshikisaisai.com

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

電話対応のコツ

  • カテゴリ: post
  • 公開日:2018年12月19日(水)13:58
  • 投稿者: Administrator
  • 参照数: 966

ビジネスシーンで英語を使う様になった時に、英語で電話を取らなくてはいけない場面もあると思います。メールであればまだ落ち着いて対応もできますし、翻訳機能を使えば全く意味が分からないということも少ないでしょう。しかし電話となるとその場で対応をしなければいけないので、「後で思い返せば分かったのに、不必要に慌ててしまった」というもったいないことも多いそうです。では、英語で電話が掛かってきた時に、落ち着いて対応するにはどうしたら良いのでしょう。いくつかコツをご紹介します。

まずひとつは、「最初に要件を聞かないこと」です。ただでさえ英語の電話を受けて焦っているところで、ペラペラと話されては余計に慌ててしまいますし、そんな状態では聞き逃しやすくなってしまいます。英会話での電話は、最初の20秒が勝負だと言われています。英会話に自信がある人なら初めから要件を聞いても良いですが、初心者は最初に「英語のモードに変えて落ち着く」ところから始めましょう。具体的にどうすればいいのかというと、「Can you hear me well?(私の声は良く聞こえますか?)」と先手を打って聞いてしまうのです。こうすることで、相手が一気に喋り出すことを防ぐことができますし、自分も英語を口に出すことで多少は落ち着くことができます。その後に「What time is it there?(そちらは何時ですか?)」と会話を重ねることで、「ここは時差のある場所」ということを暗に伝えることができます。また、この方法が良いのは、「自分はこの程度の英語レベルだ」ということを発音から伝えられるのです。電話を掛けて相手の日本が拙かったら、「日本語は上手くないからゆっくり喋ろう」という気持ちになりませんか?英語も同じなのです。