英会話教室での「夏の暑さ」と冷ややかな視線

英会話の中で夏の暑さを表現するフレーズはいくつかあるようで、実際に英会話トークの中で使えそうなものをまとめてみました。●「Warm」・・・あたたかい●「Hot」・・・暑い●「Sweaty」・・・汗をかくほど暑い●「Muggy」・・・蒸し暑い●「Humid」・・・湿度が高い などが、みつかりました。上記の中でも「Hot」が、一番、日常的な英会話の中では使われているようで、「Hot」は、様々な応用が利くようです。●「Melting hot」・・・溶けるように暑い●「Too hot」・・・暑過ぎる●「Burning hot」・・・燃えるように暑い●「Baking hot」・・・焼けるように暑い などなど、様々な「Hot」=「暑い」の応用がみつかりました。以前、英会話教室のレッスン中、夏の暑さを表わす英会話表現の使用方法を、勘違いして使っているオジサンをみかけた事があります。「Burning hot」燃えるように暑いという英会話の1フレーズを、「バニーガール・ホット」=「燃えるように熱い」として、言い間違いをして使っているオジサンがいました。英会話教室の女性陣に結構な温度の冷たい視線を浴びていましたが、ネイティブの先生には伝わっていたようなのでアリっちゃアリかもしれないと個人的には関心して見ておりました。