勇気を出して伝えよう

自分自身で思ったことを伝えるのは、最初はとても勇気がいることだとも、考えられますが、その期間を過ぎてしまえば、どんどん英語で話せるようになるし、話したいと思うようにもなるレベルが待っているわけですが、恥を忍んで、今はひたすら話しかけていくことが重要だと言えるでしょう。

英語で、特に悩ましいのは、冠詞とよばれるもので、日本語にはほとんど使われないということも、その難易度を高くしていると言われますが、これに関してあえて言ってしまえば、しっかりと間違えないで発音すれば、恥をかかないで済む場面が多いかもしれません。非言語的なコミュニケーションも重要ですが、このような、特に、重要な部分だけ逃さないように、きちんと練習しておけば、良いと言ってしまっても良いのではないでしょうか。結局のところ、どのようにして、常に 円滑にコミュニケーションを運ぶのかということを考えておくということが重要でしょう。