head image

神長 ももか

staff
こんにちは。サイト管理人の神長 ももかです。英会話についてサイト を運営しています。 連絡先:admin@goshikisaisai.com

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

勉強を持続させるためのコツ①

継続性が求められる英語の勉強にとって、最適な勉強の方法を考えることが非常に重要です。簡単な英文、簡単な英会話だからといって馬鹿にすることなく、さらに英文法を軽視することも避けるべきポイントです。

特に文法の軽視は、英語学習において見られる傾向です。「アメリカ人の幼児、子供は英文法を意識して話しているわけではないのだから、日本人も英文法を重視する必要はない」という論調がありますが、これは母国語が前提となるアメリカ人の子供と、外国語として勉強することが前提となる日本人を同一に扱ってしまっています。また、そもそも英語が母国語となるアメリカ人も英文法をしっかりと勉強する教育カリキュラムがあり、細かな違いはあっても基本的には文法通りに彼らは英語を読み書きしています。重箱の隅をつつくような英文法の知識は必要ありませんが、せめて中学レベルの英文法は理解しておくことが大切です。

また、我々日本人が日本語を身につけていったのは、自然なことではありません。覚えていないだけで、我々は親や周りの人の言葉を聞き、それをどういう意味か推測しながら自分でも発言してみるという膨大な量の練習を積んできています。その中で、単語だけでなく日本語の文法も学習しています。改めて尊敬語・謙譲語などと言われると戸惑いますが、それでも我々は敬語という文法を意識して使い分けることができています。このように、文法はその語学を難しくしようとしているのではなく、分かりやすく分類化したり体系化したりしているものですので、英語の勉強においても英文法の理解は欠かせないと言えるでしょう。英会話にとっても英文法は重要であるという意識をもって取り組みましょう。

アルバイトで英会話を学ぶ

 英会話を勉強するためには、学費を払わなければならないのが普通です。しかしお金を稼ぎながら、英会話力も向上させることのできる方法があります。それは、英語を使用する仕事に就くことです。学生であっても、アルバイトでそのような職を選択することが出来ます。もちろん基本的な知識は最初から必要になりますが、中学卒業程度の英語力があれば就ける仕事も少なくありません。外国人の客と会話しなければならない場合でも、多くは定型フレーズでやり過ごすことが出来ます。業種を問わず、客とのやり取りで使うフレーズはすぐに覚えられるはずです。
 筆者がお勧めするのは、外国人の客が多いカフェやレストラン等です。他にも英会話学校のスタッフ、旅行案内所、ホテル等を挙げることが出来ます。人によってはベビーシッターを選ぶこともありますが、個人宅に通うとなると、色々な事に気を付けなければならないのが欠点です。
 アルバイトするのが面倒だと感じる人は外国人の友人を作ればよいのですが、環境によっては簡単ではありません。そこで役に立つのはペンパルというシステムです。ペンパルとは、顔見知りでない友人と文通することを指します。ネットが普及した現代ではメールで文通することになります。例えば母国で日本語を勉強している外国人とペンパルになれば、英文のメールを頻繁に送受信することになります。その際、お互いに英語と日本語の両言語で書かれた文章を送信し合うために時間は掛かりますが、確実に英語力が身に付きます。

カンバセーションパートナー

 英会話の力を付けたい人は、まず日常生活を英語漬けにすることです。CDで洋楽を流したり、テレビで洋画を鑑賞したり、ネットで英字新聞を読んだりするのも有効ですが、外国人の友人を作ると、より実践的な英語を習得することが出来ます。相手の外国人が日本語を習得するために努力している場合、お互いに「カンバセーションパートナー」と呼ばれる関係を築くことができます。カンバセーションパートナーを作ることを目的としたコミュニティも存在しますから、是非活用してみて下さい。コミュニティには外国人だけでなく、日本人も沢山いますが、彼らとのコミュニケーションも大いに役立ちます。英会話の基礎がまだ出来上がっていない人は、いきなりネイティブと話しても挫折してしまいます。最初は日本人同士で英会話を楽しむのが、実は近道なのです。日本人の話す英語に慣れるだけでも、十分効果があります。
 英会話関連のコミュニティは多種多様ですから、事前によく調べた上で参加しましょう。異性と出会うことを目的としたコミュニティに誤って参加してしまうと、時間を無駄に消費してしまいます。英会話を学ぶ上で、限られた時間を有効に使うことも大切です。適切なコミュニティに参加することが出来れば、かなり本格的な英会話を低負担で学ぶことが出来ます。例えば、数百人が毎月数回集い、実践的な英会話に勤しんでいるところもあります。それでも1回につき1000円程度の費用で参加できますから、英会話学校に比べれば破格の安さと言えます。

英会話教室・英語学校に通うこと

母国語を習得する場合と、外国語を習得する場合の過程は大きな違いがあります。外国語を習得する場合はすでに母国語を知っていることになるので、母国語と外国語の語順、文法の違いを比較しながら勉強していくということが、話す・聞くといった口語のコミュニケーション能力の向上にもつながります。

また、英語という技能を身につけるためには、座学だけではなく、実際に練習してみるということも大切です。確かに、英語を学習することにおいて、英単語を覚える、文法を理解するといった知識の充実は重要ですが、それだけで終わってしまっても技能である英語を話したり書いたりすることはできません。スポーツと同じように、英語を活用し、英語でコミュニケーションを図るには練習が欠かせないのです。その練習の一つは、音読や英語日記をつけてみるといったアウトプットになりますが、英会話教室などで英語を使ってみるということはとても効果的です。勉強を持続させることは、基礎的な練習に対する飽きとの戦いでもあります。少しずつ毎日、それも継続的に学習することが困難になったとき、英会話教室での実践はそれにアクセントをつけるという意味があります。英語学校や英会話教室に通うことで実際に自分が練習した成果が発揮できますので、日々の練習も飽きずにはかどるのではないかと思います。また、練習をサボっても誰にも何も言われない状況だと、やはり目標を見失ってしまいがちですが、定期的に英会話教室に通うというある種の強制力が働くことで、自分を鼓舞することもできます。また、仲間ができることで、あの人のように英語がすらすら話せるようになりたいという短期的な目標になることも考えられます。