資格試験の活用

英語を継続的に勉強するためには、やはりそのモチベーションをどれだけ維持できるかという点が重要です。そして、継続的な勉強の中には、インプットするだけでなく、アウトプットをすることが必要となっていきます。そこで、長期的な目標に到達する通過点として、現状の自分がどう伸びてきているのか、または何が苦手なのかを分析することが大切です。そのツールの一つとして、資格試験を受験してみるということが一つの手になります。

英語の資格試験は有名なものからあまり知られていないものまで数多くあり、どれを受験しようか、そして級別に分かれているならば、どの級を受けるべきか悩まれる方もいるかもしれません。英語学校や英会話教室に通っている場合は、講師や学校・教室の日本人スタッフなどにアドバイスをもらえるのでその点も有利だと思いますが、そうでない場合はご自身で過去問題などを参考に、自分で最適な級を申し込む必要があります。また、試験を選ぶ際にはできるだけ、4技能、つまり聞く力、読む力、話す力、書く力が発揮できるようなものを選んだ方がよいでしょう。これにより、仮にその級が不合格、またはスコアが物足りないものだったとしても、どの技能が足りないのかを自己分析しやすいからです。

資格試験というと、充分力がついていないと受けられないのではと思う方もいるかもしれませんが、あくまでも長期的な目標のための一里塚だと思い、合格・不合格に一喜一憂せずに望むことが重要です。また、他の受験者を目の当たりにすることで、さらに英語の勉強に対する意欲が増してくる可能性もあり、試験を受けること自体がモチベーションを上げることにもつながるのです。