head image

神長 ももか

staff
こんにちは。サイト管理人の神長 ももかです。英会話についてサイト を運営しています。 連絡先:admin@goshikisaisai.com

免責事項

WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。

論理的思考を鍛える

  • カテゴリ: post
  • 公開日:2019年05月17日(金)12:20
  • 投稿者: Administrator
  • 参照数: 1968

日本人は論理的思考が苦手だそうです。
また、論理的な説明を聞くと「屁理屈」と感じてしまったりすることもあるそうです。
けれど、論理的に説明をしていかないと、グローバル社会ではやっていけなくなるという意見もあるようです。
同じ価値観で育ってきたといっても、話が合わないということもあるかと思います。
けれど、これからは「話が合わない」とメソメソしている場合ではないということのようです。
日本人にとって納得できる説明とか納得できるまで説明とかそういったことをやっていかないといけないというのは難しいことだといいます。
日本で考え方が違うというのは、年代差を言われることが多く、文化が違う人たちと意見を戦わせるなんてことはあまり経験のないことだったと思います。
最近のSNSや海外から留学生や旅行者の増加、労働環境の変化などで、いきなりグローバルな考え方に放り込まれてしまったようなところもあるかと思います。
このように社会が変わっていくにつれ、英会話の重要性を考えることになるかと思います。
企業によっては社内の公用語を英語というところもあるかと思います。
今どきの就活生が英会話を勉強するのは当たり前になってくるではないかと思われています。
翻訳機や翻訳ソフトでは会話は賄えないということもあるかと思います。
また、職場に外国人が増えるというのも英会話ができた方がコミュニケーションも取れるかと思います。
医療や介護の現場では海外からの働き手も増えていくかと思います。そんな時、英会話が少しでもできた方がいいような気がします。
完璧なコミュニケーションはできなくても、お互いの文化を尊重するレベルで会話ができるようになれたらと思います。