お受験に必要な気持ちコントロール

お受験は子どもの成績次第であるとお考えのお父さん、お母さんに知っていただきたい事実のなかに、受験の成功にはご両親のお受験対策が重要な鍵を握っているということです。特に中学校のお受験は育ち盛りの子どもたちが挑むのですから、あれもこれもと遊びや習い事に熱中したい子どもたちをお受験に集中させなくてはならない両親の辛い選択にも遭遇するでしょう。せっかく幼児教育を充実させようとはじめた英会話スクールや水泳教室、お絵かき教室、ダンスレッスンなど、子どもたちの情操教育としては豊かな発育を促す機会となるはずなのですが、お受験に向けて必要なスキルや経験となるのかというといくつかの選択肢を迫られるはずです。受験は子どもたちの貴重な遊びや習い事の機会を奪ってしまう子どもたちにとってもお父さん、お母さんにとっても過酷な選択肢でもあるのです。子どもたちの「好き」を伸ばしてあげたい時期ですが、中学受験を目指すことに不要な足枷となるような遊びや習い事は、子どもたちにとっては酷ではりますが我慢を強いてしまうこともあるでしょう。お父さん、お母さんにとっても子どもたちにとっても過酷な選択を強いることになるのですから、このポイントで大切なことは、子どもに受験の嫌なイメージを植え付けてしまわないことです。受験は大好きな遊びや習い事を奪ってしまった嫌な事柄ではなく、遊びや習い事をさらに楽しくするためのチャレンジであるというような認識をお互いに気持ちの上で持つことが大切です。受験シーズンは一瞬のできごとで、うまく乗り越えることで大好きな英会話スクールや水泳教室、さらにはサッカーや野球チームなどに新たに打ち込むことができるのだというお互いの気持ちを相乗効果として確認し合うことが大切です。