アルバイトで英会話を学ぶ

 英会話を勉強するためには、学費を払わなければならないのが普通です。しかしお金を稼ぎながら、英会話力も向上させることのできる方法があります。それは、英語を使用する仕事に就くことです。学生であっても、アルバイトでそのような職を選択することが出来ます。もちろん基本的な知識は最初から必要になりますが、中学卒業程度の英語力があれば就ける仕事も少なくありません。外国人の客と会話しなければならない場合でも、多くは定型フレーズでやり過ごすことが出来ます。業種を問わず、客とのやり取りで使うフレーズはすぐに覚えられるはずです。
 筆者がお勧めするのは、外国人の客が多いカフェやレストラン等です。他にも英会話学校のスタッフ、旅行案内所、ホテル等を挙げることが出来ます。人によってはベビーシッターを選ぶこともありますが、個人宅に通うとなると、色々な事に気を付けなければならないのが欠点です。
 アルバイトするのが面倒だと感じる人は外国人の友人を作ればよいのですが、環境によっては簡単ではありません。そこで役に立つのはペンパルというシステムです。ペンパルとは、顔見知りでない友人と文通することを指します。ネットが普及した現代ではメールで文通することになります。例えば母国で日本語を勉強している外国人とペンパルになれば、英文のメールを頻繁に送受信することになります。その際、お互いに英語と日本語の両言語で書かれた文章を送信し合うために時間は掛かりますが、確実に英語力が身に付きます。